topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴻巣・北本 素敵なSHOP巡り - 2014.08.09 Sat

 
ちゃみさんに鴻巣・北本のSHOP巡りに連れて行ってもらいました。

まずは鴻巣のベーグル&雑貨やさん「KUTA-KUTA

ベーグルとスコーンは11:30から番号札が用意されて12:00から販売。
11:45頃到着するとすでに29番目でした。
近隣の方たちだけではなく群馬ナンバーの車も....期待できそうです!


20140809_1.jpg
 

鴻巣駅から徒歩13分程のロケーション。
少し脇道に入った「KUTA-KUTA」さんは周りに畑もあってどこかなつかしい佇まいです。
店内の雑貨も昭和レトロのなつかしさが漂っています。

左奥にみえる薄いピンク色の車は出張販売車のスージー(Susie)バス。
内部は奥様が販売用にリフォームされたとか。

20140809_2.jpg 

12時に番号札の人数でベーグルの購入出来る数が決まります。
この日はベーグル5個・スコーン2個まで可でしたが、いざ自分の番になるとスコーンはすでに売り切れ。

黒ゴマさつまいもクリームチーズ・メキシカンタコス等5個共違う味のベーグルを購入。

帰宅しておすすめの食べ方通りに温めていただいた。
どのベーグルも皮がバリッとして生地がとてもおいしい。

北海道産小麦粉やキビ砂糖など材料にこだわり長時間低温発酵してつくった手間暇かかったおいしさですね。
20140809_4.jpg

line.gif 

次はイタリアンレストラン「BISTY」でランチ。

気品のあるすっきりしたデザインの建物。
まわりを緑に囲まれてゆったりとした気分で食事ができます。

20140809_12.jpg 

シェフのおすすめランチの中から
”生ハムとチェリートマトのピッザ”と”ズワイガニのパスタ”を注文してちゃみさんとシェア。
サラダ(左)は地元野菜の上にかりかりのさつまいも。
デザートはブルーベリーがたっぷりのったタルト(右)
薪窯で焼いたピッザ生地ももちもちして美味しかったです!!

20140809_14.jpg

line.gif 

ランチのあと連れて行ってもらったのは
Antiques & Brocante Shop Ann(アン)


20140809_5.jpg 

センスの良い内外装はオーナーご自身でリフォームされたそうです。

店内はヴァイロールポットやダンディマーマーレードジャー等々
アンティーク&ブロカントの商品がいっぱい!!


20140809_7.jpg 


カフェオレボウル・ホーローキャニスター・落ち着いた色合いのレース。
アンティークなのにどれもピカピカで清潔です。


セレクトされた商品はどれも心惹かれるものばかりでした。

20140809_8.jpg 

ちょうど一周年記念の「掘り出し物市」が開催されていて
私も掘り出し物を見付けました!!
飴色の艶のあるブレッドボードです。
ALLISONのロゴが彫ってあります。販促品のようです。
使い込んでいくのが楽しみです......

20140809_16.jpg 


Annさんは桶川の自宅でCafeも営業されているそうです。

ファイヤーキングやアンティークのカフェオレボウルを使用したランチは
オガーニックや無添加の食材にこだわっているとか。
いつか行ってみたいです。

line.gif

最後に「Prim'rose(プリムローズ)」と「ボヮ デ グラン」へ


プリムローズさんはローズ柄アイテムをメーンに
作家物の洋服やアクセサリー等ちょっと高級な大人の雑貨屋さん。

ボヮ デ グランさんは『どんぐりの森』という意味を持つお花屋さん。
落ち着いた色合いのお花を取り揃えていました。


line.gif

鴻巣・北本は緑が多くてとても素敵な街でした。
まだまだ素敵なお店がありそうなもっともっと魅力がありそうなそんな街でした。

trois in 滑川町 - 2014.06.11 Wed

 武蔵丘陵 森林公園南口そばの「trois3(トロア)」に行って来ました。 
‘trois’はフランス語で‘3’の意味で
‘雑貨&カフェ&ワークショップ’と3つの展開を盛り込んだネーミングだそうです。

 
20140611_4.jpg

エントランスに並べられたアンティークのガーデン雑貨とグリーン。
剥げかけたペンキやサビがグリーンをより素敵にみせていました。


店内はアンティークやブロカントの家具・雑貨・照明器具などがセンス良くディスプレイされていて
作家物の雑貨もその雰囲気の中にとけ込んだ落ち着いた風合いのものが多かったです。

20140611_2.jpg  


こちらはCafeコーナー。
窓外に緑が広がり開放的な風景を眺めながらのティータイムはのんびりくつろげそうです。
一日10食限定のランチも好評のようです。

20140611_1.jpg




 20140611_22.jpg

trois3で売っていた天然酵母クロワッサンとジャム。

クロワッサンはとても自然な美味しさで、ラベルを見ると
原材料にこだわったブロンジェリー「風の杜」さんのパンでした。

クランベリーとブルーべりーのジャムも甘さひかえめで果実がたっぷりで美味しかったです。

 
line.gif  

オープンガーデン「小さな隠れ家」と「ハーバルハウス」にも立ち寄りました。
どちらも年に一回は訪れたいところです。



「小さな隠れ家」遠藤様宅。
20140611_10.jpg



「ハーバルハウス」高橋様宅。
20140611_21.jpg

以前アンティーク雑貨が無造作に置いてあったハーバルハウスさんの地下は
模様替えされて素敵なお部屋になっていました。(下の右2枚)
 20140611_19.jpg 

line.gif 


この他「Hilltop-cottage」も訪れました。
ヒルトップファームではそろそろブルーベリー狩りが出来る時期です。


色々のお店を廻りたくてちょっと駆け足気味のSHOP巡りでした。
もちろん「小さな隠れ家」や「ハーバルハウス」では手作りケーキとハーブティー等をたっぷりいただいて
充分くつろいだのですが、それぞれのお店を後にする時は思いっきりが要ります。
童話の世界から抜け出すときのように....

国際バラとガーデニングショウ - 2014.05.13 Tue

 
 

La Vie en Rose・・・・・バラ色の人生。そんな人生を夢見て、今年も国バラに行って来ました。
会場はやはりバラに魅せられたご婦人方で賑わっていました。



赤毛のアンの庭。
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」にちなんだ特別企画の庭です。

20140513rose.jpg 
緑の切妻屋根の家(グリーン・ゲーブルズ)に続く赤色の小道の両脇には
ナチュラルな白とイエローの花がさきみだれていました。



不思議な国のアリスの庭。

20140513rose_2.jpg 
メルヘンチックな色使いのテーブルや椅子。
それがカラフルな花々とマッチしておとぎの国に引き込まれてしまいます。
ケイ山田さんの演出。
ケイ山田さんの蓼科高原バラクライングリシュガーデンでは
6/12からアリスインワンダーランドをテーマにしたガーデンが登場するそうです。



ガーデンコンテストの庭々を見て回るといくら時間があっても足りません。
植栽だけでなくガーデニング雑貨・壁・小道・お茶やディナー等のセッティング等々、見ていて飽きません。
どの庭も素晴らしかったのですが中でも気になったのがこのガーデンです。
古びた木製ワゴンとイキイキした緑が印象的でした。

20140513rose_15.jpg



そして私のお気に入りはユ・メ・ミの家たち。
カフェになっている中庭を取り囲んで可愛い南仏プロヴァンスの街並みができていました。

はちみつ色やグレーの壁を背景に紅色のバラや色あせたフラッグオーナネント。
いつ見てもユ・メ・ミは素敵です。
20140513rose_8.jpg 

garden_2.gif

国バラは日常生活を忘れさせてくれます。

そしてバラ色の夢をみせてくれます。


手作りマルシェ Chim Don Don - 2014.05.10 Sat

 Chim Don Don さんの手作りマルシェに行って来ました。

もくもく工房から徒歩5分。お昼近くに訪れました。
OPENの10時頃はかなりの混雑だったとか。

少し風はあるものの五月晴れのさわやかな日よりの中 、
Chim Don Don さんお手製のオーニングが目をひきます。

20140510_1.jpg


11人の作家さん達の作品はどれもクオリティが高くデザインもオリジナリティがあります。
素敵な作品ばかりで選ぶのに迷ってしまいました。

20140510_3.jpg 


garden_2.gif


20140510_4.jpg

Chim Don Donさんのガーデンが素敵で思わずカメラに収めました。
草花と手作り雑貨がかもしだす雰囲気がとても素敵でした。

次回のマルシェは秋の予定だとか。
楽しみですね。

KINOKO & ぬくもりの森 in 浜松 - 2014.02.05 Wed

ぬくもりの森の姉妹店 KINOKO へ行って来ました!!
2013年12月12日にOPENしたばかりのイタリアン創作料理の店です。

ジブリを連想させるユニークな建物は森をイメージしているとか。
20140202_1.jpg 

店内にも動物の足跡やキノコがあちらこちらにさりげなくあってまさに森のイメージです。
扉や壁が少しゆがんで可愛くてあたたかい雰囲気ですが子供っぽくないのは
洗練されたインテリアセンスがあるからでしょうか。
20140202_12.jpg 

ランチはプリモコースにしました。
20140202_7.jpg 
(右)地元野菜のピクルス・キノコのマリネなどの9品の前菜。見た目も味も良かったです。

20140202_8.jpg 
(左)ナスとモッツァレラチーズのトマトソースパスタ。
大きめのモッツァレラチーズをあつあつのパスタにからめて美味しくいただきました。
(左)デザートは「とろけるパンナコッタ」をチョイス。ふわふわ、口に入れた途端にとろけます。
画像はありませんが、度々勧めてくれるクルミパンと胚芽パンも美味しかった(種類は日替わりらしい)

garden_2.gif 
そして、KINOKOから車で20分程の ぬくもりの森 も訪れました。

20140202_13.jpg 

前回訪れた時は未公開だった「ぬくもりコテージ」が店舗としてオープンしていました。
ポーランド陶器の店「セゾンラズール」です。
(左)「ぬくもりコテージ」の入り口扉。カフェのある中庭に面しています。
(右)オーナーが数年前まで住んでいたという店内。この部屋はダイニングキッチンだったらしい。
二階は洋品店で、更衣室は元レストルーム。バスタブ・窓・手洗いどれも絵本の中の様な素敵な空間でした(撮影禁止)
20140202_25.jpg 


ぬくもりの森はそんなに広くはないけれど、しばし現実を離れてさまようには充分です。
20140202_28.jpg 


garden_2.gif 

20140202_16.jpg
(左)KINOKOで2/13まで期間限定販売のバレンタインチョコ。ビターと抹茶の2種。
(右)ぬくもり工房で購入した作家物の小さなぬくもり工房の建物。素焼きに素朴な色付けがしてあります。
ゆがんだ形が可愛くて気が付くと眺めています。あの森を思い出しながら......

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。