topimage

2013-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスマーケット in ドイツ・ベルギー・オランダ - 2013.12.10 Tue

  ドイツ・ベルキー・オランダのクリスマスマーケット巡りに行って来ました。

最初に訪れたのはドイツのケルン
ケルン大聖堂横の広場で開催されているクリスマスマーケットです。
ソーセージやグリューワイン等の飲食店、そしてクリスマスオーナメントやキャンドル等の雑貨店。
その他スパイスやジャム販売店等々多彩な露店が軒を連ねています。

20131130_15.jpg 
ドイツのクリスマスの焼き菓子レープクーヘンの露店。
(左)はカラフルな色とデザイン。(右)はナッツ入りのシンプルなレープクーヘン。


露店めぐりの途中、
ふと見上げた高さ157mのゴシック建築の大聖堂は圧倒されそうな迫力。
教会に見守られながらのクリスマスマーケーットは意味深いものを感じます。


20131130_11.jpg


20131130_17.jpg
グリーンとイエローの列車は近隣の数か所のクリスマスマーケットをまわってくるバス。
回転木馬も華やかで可愛い。否が応でもクリスマスムードがたかまります。


ブリュッセル(ベルギー)
のグランプラス広場では音と光のショーが開催されていました。

広場を取り囲む建物はいずれも歴史を感じさせる華麗なゴシック様式の外観。
その建物に投影されたライトが音とともに変化していきます。ゆっくりとそして素早く...
光が建物の陰影を一層深くし音がドラマチックに盛り立てます。
20132101_1.jpg

20132101.jpg 
世界遺産の広場での夜はとても幻想的でした。


ベルギー名物のムール貝の白ワイン蒸しを
グランプラス広場にほど近い「シェ・レオン」で味わいました。
鉄鍋に山盛りのムール貝。スープもとても美味しく、伝統の味を堪能しました。 

(右)は、やはりグランプラス近くの「Mokafe(モカフェ)」のワッフル。
ブリッセル風のワッフルでサクッとしていて軽い食感。
残念ながらリエージュ風ワッフルは食べそこねてしまいました。
20131129_12.jpg

  


旅の最後はオランダ

オランダ南部のファルケンべルクのクリスマスマーケットはなんと洞窟の中。
クリスマスオーナメントやお菓子の露店だけでなくアートな作品や雑貨、
そして洞窟内にレストランまであるんですよ!!

20131202_2.jpg 


ファルケンブルクは小さな町ですが通り沿いにはレストランや雑貨屋さんが軒を連ねそぞろ歩きが楽しめます。
そんな一軒のレストランでエルテンスープをいただきました。
グリンピースに野菜やベーコンを入れてとろみがつくまで煮込んだスープです。
少し冷えた体が温まりました。心も体もほっくりのオランダ版おふくろの味といったところでしょうか。

20131202_6.jpg 



そしてオランダの首都アムステルダムへ。

運河と煉瓦造りの街並みが美しいアムステルダム。中央駅からマヘレのはね橋まで運河沿いを歩きました。
マヘレ橋ではちょうど大型船が通過してはね橋の開閉を見る事ができました。


20131203_10.jpg 


アムステルダム中央駅(左)からダム広場(右)に伸びる500m程の通り沿いのクリスマスマーケットの露店(中)
夜は人出も多くイルミネーションもきれいでした。(画像は昼の風景)
20131203_6.jpg

garden_2.gif
各地でのクリスマスマーケット。
露店をもう少しゆっくり見てまわりたかった思いもありますが、充分堪能した気分でもあります。
機会があれば何度でも行ってみたいです。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。